So-net無料ブログ作成

試練 [幼稚園・行事]

幼稚園に入園して早2ヶ月ちょっと経ちました。

最初は一人ひとりで遊ぶことが多かった3歳児クラスも、「お友達と遊ぶ」ということが、増えてきたようです。

そんな中、娘にとても気の合うお友達Hちゃんが5月に入ってから出来ました。

私もHちゃんのお母さんとは、何かとお話が出来るようになり、「親子でお友達が出来て、幼稚園生活も楽しくなりそう♪」と安心しかけていた矢先・・・

5月下旬にHちゃんのお母さんが「今日は残念なお知らせがあるんです」と言われました。

??と聞いてみると、なんと「実はG幼稚園に転園することになったんです」とのこと!!

我が家の近くには、国立の附属幼稚園があります。

Hちゃんのお母さん曰く、最初、そちらの幼稚園に入りたかったけれど、抽選に漏れてしまったそうです。

でも、補欠に入っていて、5月も半ばを過ぎてから突然G幼稚園の方から「入園できることになった」と連絡があり、転園を決めたそうです。

「こんなことってあるの!?せっかく慣れてきたのに残念だ・・・」と、私もすごく残念な気持ちになりましたが、それぞれのご家庭の方針があるでしょうから、仕方のないことだと思いました。

心配になったのは、せっかく仲良くなった娘とHちゃん。

その話を聞いた当日、家庭訪問があって、先生ともその件に関してお話することができました。

「○○(娘)ちゃんとHちゃんは、本当に仲が良くなって、いつも一緒に遊んでいて、どこに行く時も手をつないで行っているんですよ」と聞いて、私も切ない気持ちになってしまいました。。

「でも、この年だから、これから仲良く遊べる子が出来ると思う」と先生。

私も、「確かにそうだ。娘もあっさりした性格してるし、大丈夫だろう」と思っていたのです。

ついにHちゃんが退園する日を迎え、お母さんとはしっかり連絡先を交換し、「また遊ぼうね」と約束をし、その日は別れました。

娘にも、「Hちゃんは他の幼稚園に行っちゃうことになったんだって。だから、他のお友達とも仲良く遊ぼうね」と言って、また幼稚園に行かせました。

Hちゃんがいなくなって、1日たち、2日たち、3日たち・・・少しずつ娘の様子が変わってきました。

朝、行くときに涙を流したりするようになったのです。

「行きたくない」とは言いません。

ただ、涙を流すだけ・・・

なので、とりあえず、幼稚園には連れて行きました。

前回書いた、「気持ちが不安定になることがある」と先生に言われた頃とも重なっていたのもあったので、幼稚園に行かせている間も、私自身も気持ちが落ち着かず・・・

そんな日が何日か続きました。

数日経った頃、お迎えに行ったとき先生から「KちゃんとSちゃんと心を許して一緒に遊べるようになったようだ」と教えていただき、ホッとしました。

その後、朝行く時も涙を流すこともなくなりました。

娘も色々気持ちが揺れ動いたことでしょう。

この3年間、色々なことがあるんだろうなと思いました。

一つ一つ乗り越えて、成長の糧にしていってほしいと思います。


タグ:育児 試練
nice!(10) 
共通テーマ:育児

nice! 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。